何歳から利用できるか

カードローンを利用するには下限の年齢もありますが、それはいくつなのでしょうか。一般的に多くの銀行や消費者金融が設定しているのは20歳以上です。つまり、未成年の場合はカードローンを利用することができません。いわゆるたばこやお酒が未成年が飲めないのと同じです。

では、なぜ未成年の場合にはカードローンを利用することができないのでしょうか。理由の一つは法的な面です。未成年の場合には法的に制限があるからです。それは未成年の場合には親権者の同意が必要であるということです。

つまりどういう意味なのでしょうか。もし親権者の同意がなく未成年者がカードローンを契約したとします。そうなると、法的に未成年者の親権者が契約を取り消すことができます。つまり、借りたお金を返さなくても良くなってしまうかもしれないのです。結論から言うと、カードローンでお金を貸した業者は貸し倒しになってしまう可能性が高くなるのです。

また、法的な面だけでなくやはり未成年者の場合には返済能力が乏しいと判断されやすいゆえにカードローンを利用しにくいという理由もあります。実際に年収も多くないですし、勤続年数も短く安定した収入を得ているとは認められにくいという面もあります。