何歳まで利用できるか

一方でカードローンを利用できる年齢の上限はいくつなのでしょうか。実はこれは銀行系のカードローン、さらには消費者金融系のカードローンによって多少差があります。しかし、大体が65歳から70歳までの間になっています。このように差があるのですが、基本的には銀行系よりも消費者金融系のほうが年齢上限が緩くなっています。

では、なぜカードローンを利用する際には年齢上限があるのでしょうか。それは、本人の返済能力と関係があります。さらに、もし借り入れた本人が亡くなってしまった場合にはカードローンが貸し倒しになってしまう恐れがあるためです。そこで年齢に上限を設けてそうしたリスクを回避しようとしているのです。

では、年金をすでにもらっている人の場合はカードローンを利用することができるのでしょうか。今は60歳からでも年金を受給することができます。ですので、年金をすでにもらっている人がカードローンを利用したいと思うかもしれません。しかし、残念ながら収入が年金だけの場合にはカードローンを利用することはできません。とはいえ、もし年金だけでなくそれ以外の収入も得ているのであれば利用できる可能性はあります。もちろん同じように審査を受ける必要はありますので、しっかりと確認しましょう。

何歳から利用できるか

カードローンを利用するには下限の年齢もありますが、それはいくつなのでしょうか。一般的に多くの銀行や消費者金融が設定しているのは20歳以上です。つまり、未成年の場合はカードローンを利用することができません。いわゆるたばこやお酒が未成年が飲めないのと同じです。

では、なぜ未成年の場合にはカードローンを利用することができないのでしょうか。理由の一つは法的な面です。未成年の場合には法的に制限があるからです。それは未成年の場合には親権者の同意が必要であるということです。

つまりどういう意味なのでしょうか。もし親権者の同意がなく未成年者がカードローンを契約したとします。そうなると、法的に未成年者の親権者が契約を取り消すことができます。つまり、借りたお金を返さなくても良くなってしまうかもしれないのです。結論から言うと、カードローンでお金を貸した業者は貸し倒しになってしまう可能性が高くなるのです。

また、法的な面だけでなくやはり未成年者の場合には返済能力が乏しいと判断されやすいゆえにカードローンを利用しにくいという理由もあります。実際に年収も多くないですし、勤続年数も短く安定した収入を得ているとは認められにくいという面もあります。

カードローンを利用する年齢

急な出費や金欠の際に助けになるのがカードローンです。カードローンとはどのようなものなのでしょうか。一般的に消費者金融や銀行が提供しているカードタイプのローンをカードローンと称します。カードローンは消費者金融会社によっては早くて即日で利用することもできます。銀行系でも消費者金融系でもどちらもクリアしなければいけないのが審査です。カードローンを利用するためには審査を通過しなければいけません。

では、カードローンの審査ではどのような点を調べられるでしょうか。やはり重要なのは収入です。金融機関が最も心配な点はお金を貸したもののそれが返済されないということです。返済されないということはそのまま損失を被ることになるからです。ですので、審査では本人に返済能力があるのかを重視します。

さて、返済能力があるかどうかを調べる上でいくつかの重要な要素があります。例えば、どのようなものでしょうか。先ほどすでに記した年収はやはり重要なものです。さらには仕事、勤続年数、持ち家かどうかといった項目も返済能力に関係してきます。

さらに大きな項目として年齢も重要です。年齢については銀行や消費者金融はカードローンを利用することができる年齢を予め定めています。年齢下限と年齢上限です。では、実際には何歳から何歳までカードローンを利用することができるのでしょうか。そして年齢制限があるのはなぜなのでしょうか。その点についてこれから記します。